通院が適した病気です

悩む男性

保険が利用できます

非定型うつの治療では通院になることが多いのですが、その場合は長期間の通院になる可能性もあり、費用に関しては最初から良く考えておいた方が良いでしょう。この病気では市町村に申請すると医療費の負担が1割ですみ、この場合の費用としては初診で2000円台、それ以降では一回につき1000円台になる場合が多いと言えます。また、非定型うつの通院の場合には精神保健福祉法を利用することもでき、この福祉法では通院医療費の95%を公費で負担することになります。そして、保健を使わない場合の治療もできますが、この場合は1回で1万円台を払う可能性が高いので、注意する必要があります。なお、この病気では抗うつ薬などの薬剤を使うことが多いのですが、その場合の薬の代金に関しては薬剤師に尋ねてみると分かりやすいでしょう。さらに診断書を依頼する必要が出てくるときもあって、このときは一般的な診断書では3000円程度が必要になるはずなので、そのようなことも考えておくことをお勧めします。非定型うつは気分の変動が激しく、嬉しいときには明るく行動できてもささいなことで傷ついたり落ち込んだりしてしまいます。また、過眠や過食などの症状が出ることがあり、そんなときは体調が悪くなったり日常生活がやりにくくなったりしてしまう可能性があります。さらに人の言動に対して過度に反応して怒りやすくなり、普通の人間関係を続けていきにくくなる場合も考えられます。また、体に関しては手足に鉛があるような感じがしたり、突然動悸や不安が生じたりして不安になる場合もあるようです。そしてこのようなタイプのうつ病では病気だと思われないことも多いので、少しでも可能性があると感じる場合は専門の医師のいるところで診察を受けてみた方が良いでしょう。なお、非定型うつは20代や30代位の女性に多いので、若い女性の場合にはこの病気の内容を知るようにして普段から注意しておくことをお勧めします。また、この病気で通院する場合には、薬物療法の他に医師や臨床心理学者などのカウンセリングで話をすることも可能です。

Copyright© 2018 従来と異なる非定型うつの特徴【周囲からの理解が得にくい】 All Rights Reserved.